忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
なんとしても航空業界のに就職したい!既卒や高校生が、外資系やJAL・ANA・スカイマーク・スカイネットアジアなどの面接試験や会社概要そして、スチュワーデスやグランドアテンダントそしてパイロットなどのこれから、初めて航空業界を目指す方や現場の方の情報収集にどうぞ!
フリーエリア
        ★スピリチアルなことにチャレンジ!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JLSS(Japan Life Saving Support)

緊急時に、お客様の命を救う!

心肺蘇生法教育の認定講習!

実技講習で、終了書(カード)を発行!

航空業界を目指す学生に学内でも講習会にて認定書を頂き、履歴書に記入できます。

JALグループの生活提案企業:株式会社JALUXは、2006年11月から、突然の心臓発作から命を救う自動体外式除細動器(AED)の使い方を含めた心肺蘇生法を指導する教育事業をスタートさせました。

「*JLSS(Japan Life Saving Support)」の名称で救命時に必要とされる知識・技術を“わかりやすく”“おぼえやすく“をモットーに、懇切丁寧に指導いたします。




PR
世界最速の旅客機コンコルド

当時、世界最速の旅客機コンコルドが、ロンドン・ヒースロー空港の滑走路脇には、1,000人が座れる特別席が設けられました。

空港周辺には最後の雄姿を見ようと、20万人を超える観衆が詰めかけたとも報じられています。招待客や一般客、関係者ら計100人を乗せてニューヨークから飛び立ったブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のコンコルドは、現地時間の16時に予定どおりヒースロー空港に到着。
コクピットの窓から機長と副操縦士が身を乗り出し、ユニオンジャック旗を大きく振ると、待ち受けていた多くのファンたちの大歓声はいつまでも鳴りやみませんでした。

スタイリッシュなボディだけに、中はかなり狭い。右のカットは「窓もこんなに小さいです」と実際にコンコルドに搭乗した人から届いたそうです。それにしても、この最終便に搭乗できた人たちは何と幸運だったことでしょう。
同便の航空券は、一人当たり4,350ポンド(約80万円)という高額にもかかわらず売り出し当日に即日完売。そこまでしても一度は乗ってみたいと思わせる魅力が、コンコルドにはあったのですね。

英仏両国が共同開発し、商業運航をスタートし、ロンドンやパリとニューヨークを3時間45分で結んできました。最高速度はマッハ2を超え、通常は7時間程度かかるロンドン・パリ―ニューヨーク間を半分に短縮したことになります。世界一速く美しい旅客機と称され、独特の翼の形状から“怪鳥”の名で親しまれました。

その怪鳥も、時代に流れには勝てなかったようです。燃料費の高騰などで採算が合わず、開発した英仏の航空会社のBAとエールフランス(AF)が運航するのみでした。
世界初で唯一の超音速旅客機の歴史終焉を惜しむ声は少なくありません。その勇姿は、私たちの記憶の中にいつまでも留め未来の復活を期待したいですね!(^^)!




アメリカの航空機会社「ボーイング」は、次世代中型旅客機B7E7の愛称をボーイング社は世界中から公募しドリームライナーに愛称がなりました。生産が予定されるのは「標準型」と「ストレッチ型」の2種類。いずれも胴体直径5.96メートル、キャビンの座席配置が左右8列の中型ワイドボディ機です。標準型(乗客200人乗り)の全長は56.7メートルで、ストレッチ型(同250人乗り)は標準型のボディを61.6メートルに延ばしたタイプです!
貨物室にも余裕をもたせ、競合機種であるエアバスのA300-600に比べて貨物搭載量は4~6割増しになるそうです。

この超経済性こそ、B7E7の一番の特徴といえるかも知れません。

胴体と主翼の基本構造に複合材が使われるのも、B7E7のもう一つの特徴です。機体の軽量化と耐久性アップが狙いで、旅客機としては初の試みです!


━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆ 未経験でも4ヶ月で憧れの化粧品ブランドで働けます! ◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● [TOKYOビューティアドバイザースクールなら就職を100%サポート!]
メイクアップ、フェイシャル、化粧品販売技術等必要な知識・技術が学べます
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1C89HN+ZQ12Q+1OP0+60H7N
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[PR]━
■■■■■■☆飛行機が何故空を飛ぶのか?☆

機体50トンもあるスーパージャンボが何故、空を飛のか、いまだに信じられない・・・上空を行く旅客機を見上げながら、そんなふうに思う人が多くいます。子供の頃は、私も不思議に思っていたけど、理論的に考えれば、飛行機は飛ばないほうが不思議なんです!

重力と空気抵抗に対して揚力と推力が優れば、飛行機は飛ぶのです!ニュースなどで見た悲惨な航空事故の記憶は、なかなか拭い去ることはできませんからね。

そもそも飛行機とはどれくらい“危険”なものなのでしょうか? その危険性や事故の確率について具体的な数字で考察してみたのが、ガイド記事「数字に見る航空機事故の確率」です。

たとえば毎日飛行機を利用しても、事故に遭うのは438年に1回・・・という確立です。車よりも確立で考えると大変安心な乗り物なのです(*^_^*)!



最新コメント
[08/08 履歴書の志望動機]
[10/22 幅 正春]
[10/22 幅 正春]
[04/25 Leila]
最新トラックバック
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
すなふきん
年齢:
33
性別:
非公開
誕生日:
1985/04/21
職業:
講師
趣味:
黒魔術
自己紹介:
好きなことは屋台めぐり
福岡にはイタリアン屋台やショットバー屋台があり、安心料金で周囲の人と仲良くなれるのでお薦めです!
ぜひぜひ足をはこんでみてね
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]